即日融資なら収入証明書不要のカードローンがおすすめ

収入証明書はカードローン申込時に必要となる書類の一つです。

 

一般的には本人確認書類があれば借りられますが、借入額によっては収入証明書の提出が必要になるケースもあります。しかしここで注意したいのが、本人確認書類は免許証や健康保険証など多くの方がすぐに用意できる書類であっても、収入証明書はなかなかすぐに用意できる書類ではない、という点です。

 

【収入証明書類】※各社によって多少異なります。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 給与明細書
 など

 

どうでしょうか?もしも出先で、今日中にお金が必要、即日融資を受けたいという場合、お財布のなかに運転免許証は入っていても、源泉徴収票が入っているという方はなかなかいませんよね?そのため、即日融資の場合、借入額によってはカードローンを選ぶ必要がでてくるのです。

 

ではいくらからでしたら収入証明書が必要になるのでしょうか?実はこれは、貸金業者のカードローンであるか銀行カードローンであるかでも違ってきます。消費者金融など貸金業者の場合には、総量規制で以下のように決まっているからです。

 

  • 1社からの借入残高が50万円超えとなる借入の場合
  • 複数社からの総借入残高が100万円を超える借入となる場合

 

つまり、消費者金融で即日融資を希望する場合、借入額が50万円を超えない、また他に借入があればそれと合わせて100万円を超えない場合には収入証明書不要で借りられる、というわけです。ではもし即日融資を希望していてそれを超えるような借入をしたい場合にはどうしたらいいのでしょうか。その場合には、銀行カードローンを選択しましょう。

 

銀行カードローンは消費者金融よりも審査時間がかかる傾向にはありますが、即日融資可能なところも少なくありません。銀行カードローンの場合、総量規制の影響は全く受けませんので、収入証明書の提出については各行の取り決めによるものとなっています。

 

多くは100万円以上の借入の場合や200万円以上の借入の場合など、消費者金融のそれよりも設定額が高くされていますので、もしも収入証明書不要で即日融資を受けたい、というのであれば銀行カードローンを選ぶといいでしょう。